2014年08月03日

歴史観とメキシカン

日曜日にオンタイムで大河ドラマをゆっくり見れるのはある意味幸せなこと。しかも今日みたいに暑い日はなおさらですよ。大河ドラマは歴史をいろんな側面から描写するので勉強になりますね。

今は黒田官兵衛が主人公だから豊臣方からの視点の描写が多いけど、今日は柴田勝家との戦いのエピソードで浅井三姉妹が出てきて、これは何年か前の「江」でも同じエピソードがあったな・・なんて思いながら見てた。「江」は上野樹里の怪演が印象深かったね。

日本史に関する知識のほとんどを大河ドラマから得る鍵様ですけどwwまあ歴史ってのはいろんな見方が出来るってことよね。狭い日本の中の出来事だけでもこれだけいろんな解釈があるんだもん。世界史おいてはなおさらのことよね。

結局は勝利者の歴史観がスタンダードにならざるを得ないって事だけど・・「勝てば官軍」ってやつね。それを他国に押し付けるのはNGですよ。ノー!内政干渉!そうゆうわけでもうすぐ8/15がやって来ます。不戦と平和への誓い、そして真の意味での自主独立を目指して英霊に祈りを捧げましょう!

なんつってこんなこと書くとまた異端視されるかも知れんけど不戦で平和な状態になっても自主独立が保たれていなければ・・どうなの?鍵はイヤですよ。他国の言いなりになって暮らすのは。

真の独立を得るには何が必要か?いろいろあるけど国防とエネルギー供給を他国に頼らないでまかなえるってのは重要な事よね。だから今話題になってる集団的自衛権なんてモノに巻き込まれる。個別的な自衛力を高めれば自国の揉め事の時だけ刀抜けばいいんだから。他国の揉め事に巻き込まれないで済むじゃん

あとはやっぱりエネルギーね。戦争の原因ってほとんどこれだから。自国でまかなえれば戦争にも巻き込まれない。あとは宗教とか民族対立とかあるけどね。これについては日本ではあんまり表面化しないね。島国で良かったwwあんまり信心深くなくて良かったww

でも信心深くないって訳じゃないのよね。そこが日本人の宗教観の面白いところ。どっかの国みたいに信仰に命かけて戦争までしちゃうようなことはないのよ。あっちの神様だって戦争までして信仰して欲しいとは思ってないだろうに。

とっちらかったけど防衛とエネルギーを自国のみで賄うことが真の自主独立、そして不戦平和への道であると鍵は考えるのでありますww

そんな上手い話があるのかって?まあ確かに切れすぎる刀は取り扱い注意だからね。下手すると国家の危機に繋がる。こないだの地震で証明された。東電幹部の罪は重い。腹を切るベッキー!タイトルが適当すぎたなww

とりあえず自主独立を目指して食料自給に励む日々
写真1)ミノルタ!IMAG1249.jpg
写真2)写真3)完全に一致!IMAG1252.jpg死神.jpg
写真4)猫は寝るのが仕事!IMAG1241.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・
護国豊穣を祈って奉納する歌会のお知らせ

8/7 下北沢RPM R&Rセッション!旧友の矢野ちゃんから誘ってもらいました。井の中の蛙であり続けたい鍵様ですがたまには出稽古!腕自慢の人たちの中でオドオドする鍵様を応援してください

8/16 墨田区「吉田三郎商店」 墨田区の名家である吉田三郎商店様の敷地をお借りして鍵や一座の暑気払いを挙行いたします。差し入れ歓迎!なお当日は近隣で大きな音楽のイベントがありますが一切関係ありません!

8/30 京成大久保「ワルツ」鍵や一座
前回好評につき2度目の登場!ドジョウは二匹いるのか?
posted by カーギー at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。