2013年11月10日

平将門公の思い出

おお!ゴロゴロしてる間に物凄い数の反響!(自分的には多いw)皆様どうもありがとうございます!ツンデレ構ってちゃんの鍵様としてはうれしい限りであります。お礼方々日記でも・・

わずか30秒あまりの時間ではありますが・・その30秒を短縮するのに10年かかりました。決して平坦な道のりではありませんでした。昨年は2時間を切れない大会も続き「ここまでか?これが限界なのか?」と思う事も何度かありました(涙)

私生活のゴタゴタもあってマラソンに対する情熱を失いかけていました。明日も大会なのに(将門ハーフね)・・その時に夢を見たのであります。不思議な夢を・・

夢に出てきたのは誰あろう?平将門公でありました。何で分かったの?とかいう突っ込みは無しよw威厳とか雰囲気で分かるのよw
将門公はなにも語りませんでした。しかし目覚めた時に全身に不思議な力がみなぎるのを感じたのです。「やれる!今日はやれそうだ・・母さん」

結果は1時間51分でした。完全復活です。やはり将門公の霊力は凄いです。

ていうか非常に走りやすいコースなのよねw気候も一番良いときだし。去年もいけるかな?って思ってたけど最後粘れなかった。今年こそって気持ちはあったのですよ。まあ滑り込みって感じはイナメナイケドネ

平将門って人はものすごく精神力の強い人で朝廷に敗れて京都で斬首された時にその首が空を飛んできて東京の今の大手町に着地したのよ。それで作られたのが「将門の首塚」

大変に強力なパワースポットで昔から尊崇と畏怖の対象でありましたのよ。塚に対して不敬な働きをするとその身に災いが降りかかるのよ。マジで(ググッてみてね)

恥ずかしながら鍵様も将門様の神罰を受けたことがあります。まだ鍵少年だったころのお話・・子ども会の遠足で皇居とか北の丸公園とかいったことがあるのさ。その時に将門塚にも行ったんだけど・・鍵少年は調子に乗ってやらかしちゃったのよ。不敬な行為を・・あな恐ろしや

帰りの電車の中で原因不明の高熱に見舞われて1週間ぐらい寝込んだのよ。ホントに突然な出来事。それまでギャーギャー騒いでたのに急に寒気がしてガタガタ震えだした。その後はよく覚えてないです。でもあれぐらいで済んで良かったのかも知れないです。実際死んでる人も何人もいるし・・

そういえば今日のレースでやばい倒れ方してる人がいたな。目は開いてるんだけど顔が真っ白でピクリとも動かないのよ。救急隊が蘇生処置してた。リアルで心臓マッサージ見たのは初めてでやんした。鍵も気をつけないといけませんね。まあ、気をつけてもどうにもならないんだけどね・・なんなの?この投げやりな終わり方は?ww

そんな訳でマラソンシーズンもいよいよ本格化!再来週はフルマラソンです。つくばの街を疾風のように駆け抜けるぜ!
posted by カーギー at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。