2012年04月01日

春はあけぼの・・・

いやいやなかなかあったかくなりませんな。今年の春の妖精はなんだか焦らし上手ですわよ。まあそれでも少しずつは春の足音を微かに感じる今日この頃。昼寝の楽しい季節になりました。モチロン夜寝るのも楽しいです。明け方に布団の中でモゾモゾしてるのも楽しいです。なんだか寝てばっかりですね。

あけぼのと言えばボノちゃんな訳ですが、実は外国人初の横綱だったんだよね。あの頃はハワイ勢の全盛期だったね。鍵様は武蔵丸派だったけどね。若貴との名勝負を思い出します。外国人横綱と言えばバルト(変換めんどい)はだらしなかったね。期待はずれですよ。

やっぱり四股名が悪いと思う・・やっぱり力士なら○○川とか××海とか付けなきゃダメですよバルト海なんていいんじゃない?世界地図にありそうな名前だけどねwカタカナだとなおさらだね。アムールってのもいたな。ついでだからこっちもアムール川バルトは一から出直しだね。あんな相撲じゃ横綱張れないよ。相変わらず日本人力士は影が薄いね。琴将もキセノンも定位置確定の予感ですね。

フレックスタイムで働く鍵様は仕事が早く終わったときは隅田川の川っぷちでギターを弾いたりするんだけどね。日々の精進は大事だからね。最近はあったかいからいろいろ捗りますよ。つい時間も忘れちゃう・・そんなときにふと背後に気配を感じたのでした・・・

振り返るとそこには品の良さそうな老紳士が微笑みながら座っていました。「邪魔をしてすまない・・続けなさい」「今の曲は嘘は罪だね・・聞いたことのない詩だが君が考えたのかね?」鍵「はいそうです。英語で歌っても伝わらないし・・第一自分が覚えられませんw」老「なかなかいい出来だね。弾き語りも悪くないがバンドでやったほうが良いな。普段はバンドで歌っているんだろう?」

鍵「いや・・以前はバンドやユニットでやっていたんですが最近はメンバーの仕事の事情や相方の異常な言動などの理由で活動はしてないんですよ・・でも歌うのは好きなのでこうしてギターの練習をして・・少しでも・・ましになるかなと思って・・涙」 老「それは悪いことを聞いてしまったね。何か私に力になれることがあれば・・・そうだ!今度ここへ来なさい・・少し遠いけど・・私は楽団の知り合いがいるんだよ・・」

渡された名刺の住所を見るとどうやら軽井沢あたりの別荘地のようです。半信半疑だったけどなんとなく抗し難いものがあって行ったのよ。そこにあったのは映画に出えてくるような立派な洋館でした。巨大なシャンデリアのあるホールへ通されるとそこには楽団がスタンバイしていました。老紳士もいました。燕尾服を着て指揮棒を携えて・・老「やあ・・良く来たね。びっくりしただろう?私はここのバンマスなのだよ」「さあ!始めよう夜が明ける前に済ませなければならない」

鍵様は夢中で歌いました。ビングクロビーになった気分でした。一晩中歌いました。ソファで一息ついていたらそのまま眠り込んでしまいました。目が覚めると誰も居ませんでした・・テーブルの上にメモがありましす。「辛い事もあるだろうが歌い続けなさい。君が歌えばそこに力が生まれる。時間は掛かるかも知れないがその力はきっと人々を動かす」

外に出ると夜が明けていました。振り返ると立派な洋館は廃墟になっていました。邸内を探しても誰もいません。暖炉の上に写真があります。セピア色のなかにメンバーと老紳士がいます。日付が記されています。鍵様が生まれる遥か昔の日付です。不思議と恐怖感はありませんでした。涙が止まりませんでした・・・

そんな訳で数奇な経緯を経て生み出された鍵様渾身の一作!ついに解禁です!「鍵様の新訳聖書」 奇跡のフルバンドレコーディング!有名イラストレーターによるアルバムアート!見ているだけでも楽しい!

こんな感じだ!

表ジャケギターカーギー copy.jpg Kaleido_1.jpgあすみイラスト.jpg copy.jpg
 
 


演奏会の会場でのみ販売します。気分が良いときは無料になるかも知れません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月の行動予定

4/7(土)
横浜JugBandFestival Vol11  赤毛のマディーズ

4/14(土) 市川市 「アルマナックハウス」 ソロ弾き語り

4/21(土)つくば市「イーストオブエデン」 赤毛のマディーズ
posted by カーギー at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック